• ホーム
  • EDになってしまう原因とは?

EDになってしまう原因とは?

勃起は脳から発せられた性的刺激が神経を通じて陰経に伝わり、陰経海綿体の動脈が拡張することで起こります。
この過程に何らかの問題が生じ、満足のいく勃起が起こらなくなった状態が、勃起不全(ED)です。
EDは原因により、「心因性ED」「器質性ED」「薬剤性ED」に分かれます。
まず主にストレスによって生じるのが、「心因性ED」です。
過労・睡眠不足・悩み等、心身にストレスが加わると、交感神経が優位になります。
すると筋肉が固まり、陰経海綿体の血管が十分に広がらなくなります。
一方「器質性ED」は、身体に異常がある状態です。
年齢を重ねると、次第に血管は衰え、血流は悪くなります。血流が悪くなると陰経海綿体まで十分に血液が流れません。
血管が広がるためにはある程度血液が流れることが必要なので、血流が悪いと勃起が起こらなくなるのです。
なお、手術などにより陰経海綿体周辺の血管が傷つけられた場合も同様です。
また脊髄損傷・パーキンソン病・糖尿病などにより神経に異常が生じると、脳から発せられた性的刺激が陰部まで伝わらなくなります。
勃起は性的刺激によって生じるため、性的刺激の通り道が傷つくと、伝えることができず、勃起不全につながるのです。
そして服用している薬によって生じるのが「薬剤性ED」です。
例えば血圧を下げる薬を飲んでいる場合、血管が十分広がることができなくなります。
また勃起は男性ホルモンが関与しています。
ホルモン治療薬を服用した場合、男性ホルモンが減少し、勃起が起こりにくくなります。
このように服用する薬の効果によっては、勃起に必要な働きを阻害してしまう恐れがあるのです。
このようにEDには様々な原因があり、改善のためには原因を取り除かなければなりません。
もし症状を放置しておくと、性行為を行った際に失敗体験につながります。
すると次性行為を行う際も失敗の恐怖から過度に緊張してしまい、ストレスにつながる恐れがあります。
そうなるとますます症状は悪化するため、早めに治療することが重要となります。

EDの疑いがあるならすぐに病院で診察!

EDになっても誰にも相談できず一人で悩みを抱えてしまいがちですが、自分で改善しようとしても思うようにいかなくなりかえって症状が悪化する可能性もあります。
EDの疑いがあるなら自分一人で解決しようとせずにすぐに病院で診察を受けることが大事です。
EDの検査は一般的には泌尿器科や専門のクリニックで受けることができるので、恥かしがらずに気軽に受診してください。
病院のEDの検査は最初は問診を行いますが、正直に答えることでより詳しい検査を受けることができます。
問診をした後は症状を診て血液検査や血圧の検査を行います。
この検査によってこれからの治療方法の参考になるのでとても重要な検査です。
EDを治療する上では原因を探ることがすごく重要になります。
原因によってこれからの治療方法も大きく変わってくるので、カウンセリングで医師とじっくり話し合い原因を究明するといいでしょう。
EDで病院にかかる場合は、医師の経験値も異なるので思うような治療が受けられないこともあります。
できるだけ治療経験や実績の多い医師が在籍している病院で診察を受けることが大事です。
EDの原因には加齢や生活習慣、動脈硬化の進行によるものと精神的なストレスによるものに分けることができます。
ストレスや緊張が原因の心因性の場合はリラックスすることが大事なので、リラックスする環境を整えたり、イメージトレーニングなどをおこなうといいでしょう。
血管や神経の障害が原因で起こる器質性EDの場合は、年齢も大きく関係してきます。
歳をとると刺激を受けてもペニスが勃起しなくなったり、陰経海綿体の周りの血管が傷ついていると場合によってはペニスが勃起しなくなります。
この場合も病院で病気の治療をすることでEDの改善が可能です。
薬剤性の場合は服用している薬剤が原因のことが良くあります。医師に相談してみるとED改善につながります。