• ホーム
  • 不感症の症状と対応方法について

不感症の症状と対応方法について

彼女が不感症で性行為をしていても反応が薄かったり、挿入時に痛みを感じやすい場合などは彼女の気持ちを思いやった対応をすることで徐々に不感症の改善を図ることが可能です。
例えばまだ性行為の経験が浅い彼女の場合、スキンシップに慣れておらず感じることが怖いと感じたり、よくわからないと戸惑っている可能性があります。
そのような場合は二人の親密度を上げていき、彼女の反応を見ながら少しずつ刺激に慣れていってもらうと良いでしょう。
女子の体は男子よりもデリケートなので、触れているかわからないほどデリケートなタッチで胸や陰部を触っていくと良いでしょう。
恥ずかしさを感じるようであれば部屋を暗くするなどの対応がおすすめです。
女子受けするアロマを使ってリラックスできる空間づくりをするのもおすすめです。
既に夫婦になっているパートナーが不感症になってしまった場合、最悪の場合はセックスレス関係に突入する恐れもあるため早めの改善が求められます。
例えば妊娠や育児といったきっかけがある場合は、お互いを異性として捉えられるよう名前で呼び合うのがおすすめです。
また育児や家事のストレスが軽減できるよう、出来ることからサポートしてあげるのも良いでしょう。
そうすれば夫婦間の関係を良くしてより良い性生活が望めるようになります。
セックスレス夫婦の場合、自宅では他の家族や近所への音漏れが気になって性行為に集中できず不感症になってしまうという可能性も考えられるため、思い切って自宅以外の場所でチャレンジしてみるのもぴったりです。
奮発して旅行に出かけてみるのはもちろん、独身時代を思い出してラブホテルへ繰り出してみるのも良いでしょう。
環境を普段とはがらっと変えることで女子の気持ちを思い出し、不感症からの脱却を目指すことも可能です。
お互いが満足していない性生活は彼女と彼氏、夫婦という関係性にヒビを入れる原因になりやすいため、早めの対応を心がけて状況を改善していく努力が必要です。

セックスレス解決のため不感症を改善しましょう

不感症となる原因は男子と女子それぞれによって異なります。
彼氏・彼女間や夫婦間で、女性側に不感症の症状が現れる場合には先ほどの対応が効果的ですが、男性側の不感症やセックスレスの問題には精神的なものと肉体的なものの2種類が挙げられます。
疲労やストレスによって体が反応しなかったり、女性からの否定的な態度や言葉などでその気持ちになれなくなるということもあります。
男性にはとても繊細な部分があるため、相手を気持ちよくさせたいと思い頑張り続けるあまりセックスが苦痛になったり、男性機能が反応しなくなったり持続力が無くなるという問題がでてくることも珍しいことではありません。
お互いのためにできる限りリラックスしてムードの高まる環境を用意することや、時には強壮剤などのお薬を使ってみることも大切な改善策となります。
男性の為に用意されている市販薬や個人輸入の薬は体のなかから働きかけて持続性を維持することができます。
疲労回復に効果のあるタウリンなど自然素材の成分が含まれているものが多いので体への負担も少なくて済みます。
初めて購入される方は素材や口コミを確認して比較的安全性の高いものを選ぶことをお勧めします。
薬以外の方法としては、外部からの刺激が良い方向に働くこともあるので、アダルトビデオをパートナーの方と一緒にみるのも良いでしょう。
長い間セックスレスになっている場合にはこのような外的刺激や内服薬を飲むといった積極的な方法をとることが解決への近道になります。
二人で解決できなかったときも不安にならず、専門のカウンセリングを受けたり正直に話し合ったりすることも必要でしょう。
デリケートな問題ですが、対応策はいくつもあり、解決も不可能ではありません。