• ホーム
  • ラブグラとフリバンセリンは女性用バイアグラです

ラブグラとフリバンセリンは女性用バイアグラです

笑顔のカップル

男性の性欲増強剤、勃起促進薬として使われているものは様々な種類があります。
これらの薬は日本でも多くの人に認知されてきています。
しかし、このような効果を有する薬はまだまだ男性向けというイメージが日本にはあり、女性が使うことに違和感を持っている人も多いです。
しかし、海外においては女性用バイアグラも頻繁に使われており、一般的な精欲増強剤のような効果を有するものとして売られています。
海外だけではなく、日本でも実際には売られているのですが、一見すればそのような薬だとはわからない名前で売られているため気が付いていない人も多いです。
女性用バイアグラの代名詞はラブグラとフリバンセリンです。
どちらもインターネット等で入手することが出来ます。
これらの薬は女性用バイアグラとして販売されているため、女性に効果のある精欲増強成分が含まれています。
男性と違い女性には陰茎が存在しないため、勃起促進効果ではなく膣分泌を促す効果があります。
膣から分泌液が多く出ることで性交渉時における痛みの緩和を促し、性交渉による快感を増加させる効果を有しています。
このように大きな効果がある反面、副作用は少ないのが女性用バイアグラの特徴です。
女性でも安心して使うことが出来、性交渉をより満足できるようにするのが女性用バイアグラの目的です。
日本ではメジャーではないとはいえ、ラブグラもフリバンセリンも普通に売られているので一度試してみるのも良いです。
性交渉に不満を抱いている女性というのは日本にも多くいると思われます。
しかし、女性が男性のように精欲増強剤を摂取することに対して良いイメージがないのが日本です。
ラブグラやフリバンセリンは名前からは効果がわからないようにすることで女性でも購入しやすくし、最近では少しずつ知名度も増してきています。
女性用バイアグラはまだまだマイナーではあるものの、シェアは徐々に拡大してきているので気になる方は色々調べてみるのも良いでしょう。
日本でも様々な女性用バイアグラが発売されているので、簡単に入手できます。

フリバンセリンの効果と副作用とは?

女性用バイアグラとして代表的な物は2つあります。
インドで製造販売されているラブグラと、ドイツで作られているフリバンセリンです。
どちらもフェナステリドという男性用のものにも含まれている成分が配合されているので、血管を拡張する効果が期待出来ます。
男性ですと勃起に作用するのですが、女性の場合は膣内にうるおいが満たされたり、オーガニズムを感じやすくするといったことに効果があると言われています。
ちなみにフリバンセリンの気になる副作用には、吐き気やめまい、そして頭痛や顔のほてりなどがあります。
これは女性用バイアグラに含まれている血管拡張作用が影響しているものです。
もちろんすべての方に副作用が出るわけではありませんし、用量や服用方法をきちんと守っていればそこまで心配することはありません。
眠気や倦怠感、そして低血圧の副作用がでることもあります。
しかし、フリバンセリンは、心臓系の疾患を持っている方や血圧に異常がある方は医師に相談してから使う事が大事です。
女性用バイアグラの2トップの一つ、ラブグラも同じような副作用が見られますが、頭痛や顔のほてりなどを感じる方もいます。
女性用バイアグラなどの医薬品は、媚薬やサプリメント系のアイテムとは、配合されている成分も異なりますし、効果が大きい分副作用として出てしまう事も生じます。
もちろん体質にもよりますし、副作用は絶対出るというものではなく稀なケースです。
ですから、キチンと飲み方を守っていればそこまで心配することは無いでしょう。
健康補助食品ではなく医薬品では、どんな薬でも副作用が出てしまうことがありますので、それを知ったうえで使っていく事が大事なポイントです。
心臓に疾患がある方は使用には注意が必要です。